国産うなぎ(鰻)をネット通販で買うなら

うなぎを通信販売で買ってもおいしいんです!!

うなぎは、管理人の大好物なんです。

 

なんといっても、うなぎの蒲焼が最高に贅沢な食べ物だと思います。

 

そのうなぎを食べるのは、土用の丑の日じゃないとダメ!なんていう決まりはありませんよ。インターネットの通信販売でいつでもどこでも手軽にうなぎを購入できるようになりました。

 

夏バテ予防にもうなぎがいいと、昔から言われていますが、特別な理由なんかいりません。ただうなぎが食べたい、その思いに答えましょう!!

 

一口食べると、柔らかい食感でしかも歯ごたえがあって、甘辛いタレが少しこげた香りが口の中いっぱいに広がって、あ〜〜〜、今すぐうなぎが食べたくなってきましたよね〜(笑

 

極上の国産うなぎをぜひお試し下さい!!!

 

うなぎ通信販売の美食市公式サイトにリンクしています!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓



うなぎ通信販売

 

通信販売で買える極上の国産うなぎは、生産量日本一の一色町でとれました!!

三河湾に面し、温暖な気候と緑いっぱいの自然に恵まれた一色町は、市町村別のうなぎ生産量日本一を誇るうなぎの町なんです。

 

明治34年から続く養殖100年の伝統があり、ここのうなぎは最適な水温や飼料成分等のノウハウがたっぷりつまっていて、良質な三河一色うなぎを育ててくれます。

 

最近は国内産の生産量が減って、輸入のうなぎが増えてきましたが、やっぱり日本人の口に合う国産のうなぎ、一色町産のうなぎをぜひ食べてみてください。

 

 

≫≫極上うなぎの通信販売はこちら≪≪

 

うなぎのこぼれ話

私たち日本人になじみの深いうなぎという魚は、日本人が最も古くから食用とした魚の1つだそうです。なんと約5000年以上前の縄文時代の貝塚からもうなぎの骨が発見されました。

 

奈良時代の「万葉集」にも「武奈伎(むなぎ)」の名前で記述がありますが、いまのように「うなぎ」と呼ばれるようになるのは平安時代になってからということです。

 

世界のうなぎの生産量は現在約20万トンということですが、そのおよそ50%を日本人が消費しているといわれています。一説には半分どころか70%を超えるという話もありますね。

 

 

≫≫極上うなぎの通信販売はこちら≪≪